FC2ブログ

〜世界につながるマナー〜

Grace life AOI

レッスンはお休み。

今年も応援してきました
東京マラソン

昨日の朝は、風もなく日差しもなく
マラソン日和でしたね。


マラソン歴4年の友人が見事当選したので
スマホ片手にコースマップを確認しながら
飯田橋→茅場町→門前仲町と
先回りして応援


沿道に到着した瞬間は
車道を駆け抜ける3万5千人のランナーに
一瞬圧倒されるもワクワク

さぁ、
同じランナーとしてどんな掛け声がいいかな?
と考えたのは…


「楽しんで〜!


でした。
やっぱり大きなイベントですもの。
みなさんこの日のために日々トレーニングしたり
ずっと楽しみにしてきたはず。

楽しんだら〜
どんなタイムも輝かしい記録として残るでしょう♪



キラキラ応援団扇を持っていない私は
友人を探すため目印にしたのは
扇です(笑)


友人は6時間を切っての完走
コース途中、私の写真撮影にも
快く応じてくれながら最後まで笑顔での
ゴールですので素晴らしい
(ゴメンナサイネ…


東京マラソン2018


私は10年連続落選ですが
逆にそれも凄いことかもしれないと
最近思うようになりました。
諦めず今年も申し込みます(苦笑)


ランナーのみなさん
感動をありがとうございました!
そして本当にお疲れさまでした


logo1.jpg


  1. ・エトセトラ(うんどう)
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

おはようございます。

いろいろなモヤモヤに埋もれており
なかなか更新できずにおりました。
反省です



さて最近、
外国の方に日本の食の作法から
日本文化を体感してもらったり
小学生に楽しいお箸遣いを伝える機会がありました。


私は本番に弱いタイプ

どんなにカジュアルな雰囲気でも
相手がお子さんでも
実は毎回緊張で汗をいっぱいかいています

楽しめてもらえているかな…
興味を持ってもらえているかな…
と不安ばかりです。



そんなある時、
世界各国から集まる100人規模のプレゼンを
何度も経験されている方に言われた言葉。

「緊張するのは準備が足りない証拠だね」


ハッとしました。
本番に弱いと思っていた理由は
単に準備不足だったのかと


「しっかり準備できてたら緊張どころか
 早く伝えたくてワクワクして待ち遠しくなるよ」



「それと、場数。」



どちらも私に足りないことですね


場数を増やして経験値を上げることで
その場をもっと楽しめるなら
年齢を重ねるのも楽しくなりそう、かな


下向きになったり、上向きになったり。
心は日によって違いますが、
心の目線を決めているのも自分の脳。

今日はちょっと上向きに(苦笑)


さぁ、今日もみなさま
お気をつけて行ってらっしゃい


logo1.jpg


  1. ・エトセトラ(いろいろ)
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

新生活シーズンが近づいていますね


なぜだか素敵…
どこか美しい…
佇まいに雰囲気がある…


なぜだか目で追ってしまう人
その人がいるだけであたたかく心地よい空気になる…

そんな人がいますね


周りを幸せにする人は

あたたかい心と
やさしい笑顔

そして、

美しい姿勢と
無駄を削ぎ落とした美しい立ち居振る舞い

をしています。


そんな貴女で新生活を迎えられたら
きっと素敵な人生がスタートしますね


*レッスンのご案内はこちら
ご覧くださいませ。


logo1.jpg


  1. ・所作
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

立春が過ぎ
陽射しに少し力強さを感じられる
季節となりましたね

私はそろそろ鼻がムズムズする季節
でもあります



テレビでは
平昌オリンピックの模様が続々と伝えられていますね。
時々釘付けになっては
選手みなさんの活躍する姿に
エネルギーをもらっています

悔しい表情、晴れ晴れとした表情
歓喜に涙する姿

膨大な時間を練習に注ぎ
毎日コツコツと積み重ねてきた人だけに
宿る内側から輝く表情

素晴らしい結果にももちろん感動しますが
苦しい時期を乗り越えた姿や
想像をはるかに超えるプレッシャーに打ち勝つ姿
にはいっそう心を打たれます。

選手のみなさんの努力の道のりを想像し
そこに心を揺さぶられて感動



エンジンがかかり
まずは走ってみる。
あら、いつも通り(笑)

日々の積み重ねは大きな結果に
繋がると信じて


さぁ貴女はどんな春をお過ごしですか


logo1.jpg


  1. ・エトセトラ(いろいろ)
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

貴女が努力した分は
必ず貴女に返ってくる。


貴女が辛いと思いならがらも乗り越えた経験は
必ず貴女の財産となって返ってくる。


貴女がひたむきに力を注いで身につけたことは
誰も盗むことができません。


すべて貴女だけの「宝物」になる


宝物は
貴女自身の評価だったり
ご縁だったり
今後の人生における幸せ度。



どの道を進みますか?


人生はあっという間。


仕事のトラブルも
うまくいかない人間関係も
家庭内の問題も。


経験値が上がることで
人生はもっと楽しくなる。



貴女が「よしっ」と空を煽いで言えたら
ゴールの扉はすでに開き始めています


logo1.jpg



  1. ・エトセトラ(いろいろ)
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

マナーってなあに?


貴女ならどう答えますか?


「ルール」
「堅苦しい」
「きまりごと」
「ちょっと面倒」
「ビジネスや結婚式、お葬式で必要なこと」etc.

そんなイメージ?



マナーとは、

思いやりの心を
その時々で
ふさわしい形で表現すること。




では、
思いやりの心はどうやって生まれるの?


「相手の立場に立って考える」


相手の立場に立つ、ということは
想像力を働かせるということです。


貴女がどう行動したら
相手が喜んでくれるか。

貴女がどんな言葉を贈ったら
相手は癒されるか。

貴女がどんな贈り物をしたら
今後のコミュニケーションが発展するか。



相手の立場に立って考えると
その答えが導き出されるはず


どうされたら相手がHAPPYになるか
を考えるのです。

それが、思いやりの心の生まれる瞬間。


だからマナーには「想像力」がとっても大切です。


想像力が乏しい人は
相手をがっかりさせたり
人間関係が発展せずに終わったりします。

せっかく目の前に訪れたご縁
逃してしまいます

一方、
想像力の感度がいい人は
ご縁を逃さず掴む人

幸せをたくさん掴む人です。


自分を「主」に考えているうちは
相手の立場に立って物事を考えられず
思いやりの心は生まれません。

自分を「主」に考えている時というのは
たいてい損得勘定や下心が働いている時。

相手を主に考えられるように


まずは、相手を主に考え想像力を働かせる。

ではその次は?


「先人の知恵」に学ぶ、です。


現在の日本のマナーは
室町時代の武家礼法に基づくものが多くあります。
それが時代に合わせて変化し
家庭内で親から子へ受け継がれてきました。

古くから伝わるしきたりも同様です。


本来、家庭内で「しつけ」として
当たり前のように親から子へ伝えられ、
子は自然と身につけることができました。

日々の暮らしのなかで自然と身につくから
「お勉強」という感覚はありません。
もちろん叱られたり、注意されるたび
ブツブツ…と愚痴も言ったでしょう
でも大人になった時に親に感謝しました。

だからどの家庭でも
「当然なこと」という意識だったそうです。

当然なことでしたから
意識というのもおかしいかもしれませんね。


ところが、核家族化が進む現代では
親もマナーを知らないケースが増えています。

だから「マナーレッスン」として
家庭の外で学ぶという形が生まれたのでしょう。


私の祖母や母が
「当然のことだったのに、学ぶ時代になったのね…」
と少し寂しげに言っていたのが心に残っています。



マナーは
「思いやりの心」と「先人の知恵」


例えば、
様々なご挨拶する時。
「□□のタイミングで、○○を避けた品を
 贈るとより心が伝わり喜ばれる」

お部屋に入室する時。
「〜した方がスムーズで粗相がない」
「〜のように歩くと失礼なく、
 無駄な所作も削ぎ落とされ美が残る」

などマナーすべてに理由があります。
「こういう時はこうする」
と対処方法をご存知の方はいらっしゃいますので
現代のマナーレッスンは
その理由を学ぶレッスンと言ってもいいかもしれません。


マナーひとつひとつの理由を知ると
「なるほど!」
「それが自然でふさわしい」
「そうした方がお互いが心地よい」
とはっとするでしょう


そして何より身につきます。

理解が深まり
所作に心が入り
日々積み重ねるから身につくのです。


ルールだと思って頭で覚えただけのマナーは
「事」が過ぎると忘れてしまいます。

葬儀に出ることになった時に
また調べてはその型通りに行うというように。
時間が無駄なだけでなく
心が入っておらず本末転倒です。



マナーは
「思いやりの心」と「先人の知恵」
から生まれたコミュニケーション方法です。


ルールではなく
難しくもなく
面倒でもありません。



なぜなら
とってもあたたかい気持ちになること♪
幸せな思いがまた幸せを呼ぶこと♪
つまり、幸せの連鎖が起こること♪



一人でも多くの方が
気づいていただけたら嬉しいなと思います


logo1.jpg



  1. ・マナー
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

尾﨑 葵 Aoi Ozaki

Author:尾﨑 葵 Aoi Ozaki
1976年生まれ。厳格な両親、祖父母から躾として暮らしの礼儀作法全般を教え込まれて育つ。「心は自分から尽くす」ことを大切に、日々の暮らしにマナーを取り込むことで思いやりの心が繋がり、人々との幸せの循環を共有できるレッスンやイベントを都内ホテル、レストラン、サロン等にて開催。
趣味はマラソン、ピクニック、洋裁。
【資格】
日本マナー・プロトコール協会認定講師
日本紅茶協会認定ティーインストラター
ハウスキーピング協会認定整理収納アドバイザー

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -