FC2ブログ

〜世界につながるマナー〜

Grace life AOI

先日他界した祖母のタンス


すでに整理されていたその引き出しに、



やわらかいひらがなで

「おばあちゃんのたからもの」

と書かれた大きな茶封筒が入っていました。




物に執着がなく、
誕生日や敬老の日が近づいても

「何も要らないわ。
 顔を見せに来てちょうだいね」

 
と言った祖母。



そんな祖母の《 たからもの 》とは
いったいどんな物が入っているのでしょう…



ドキドキしながら封を開けると、


そこには…


祖母の姉妹との写真の他、

何十通もの手紙とはがき、

私たち孫が幼い時に描いた絵が入っていました。




その中の多くは、私が幼い頃、
アメリカ滞在中に母が祖母に宛てた手紙。



当時は1$=約300円という時代。

今のようにインターネットや
携帯電話のない時代。


得られる海外情報も少ないため
庶民が海外で生活なんて、今生の別れ?!
ほどに捉えられていた時代です。



母は数日に1度、祖父や祖母宛に
手紙やはがきを送っていました。



「おばあちゃんは何よりも
 手紙やはがきが届くのを楽しみにしていたのよ。
 
 だから貴女の成長の様子や日々の事を
 できるだけ具体的に書いて送ったの。

 想像しやすいようにね」



母の小さな字がぎっしりと書かれている
旅先からの絵はがき。


まだ幼く、十分話す事も書く事もできない
私に代わり母がカタカナで代筆している手紙。

「アオイチャンハネ、
 昨日ママトオデカケシタノヨ…」


その後、
文字が書けるようになった孫それぞれから
祖母へ送った手紙の数々。



祖母はその手紙一つ一つに、
受け取った日にちを記入していました。



*************

「お母さんが帰ったあと少し昼寝をして
 目覚めたら、葵が『これ』と言ってこの手紙を
 渡されました。

 『どうしたの』と聞くと、

 『おばあちゃんが帰って淋しくなったら
 涙が出てきちゃったから手紙を書いたの』
 
 とのこと。明日さっそく出します。
 いろいろお世話になりました。」




「おばあちゃんほんをかってくれて、ありがとう。

 おばあちゃんこんども、きてね。おじいちゃんと
 おじちゃんとおばあちゃんできてね。

 こんどもまたあおうね。

 そしてこんどきたときには
 いっぱいとまっていってね。

 おばあちゃんへ あおいより」

*************




手紙は、メールよりもずっと心が伝わり
相手の心に長く寄り添います。


どんなに機械化が進んでも、
人は、人と関わり合うことで
幸せを感じ、生きています。


現代こそ
心が伝わる伝達のマナーを大切に、
あたたかい人生を送りたいものですね



貴女は最近、誰かに手紙を出しましたか


logo1.jpg


  1. ・エトセトラ(いろいろ)
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

尾﨑 葵 Aoi Ozaki

Author:尾﨑 葵 Aoi Ozaki
1976年生まれ。厳格な両親、祖父母から躾として暮らしの礼儀作法全般を教え込まれて育つ。「心は自分から尽くす」ことを大切に、日々の暮らしにマナーを取り込むことで思いやりの心が繋がり、人々との幸せの循環を共有できるレッスンやイベントを都内ホテル、レストラン、サロン等にて開催。
趣味はマラソン、ピクニック、洋裁。
【資格】
日本マナー・プロトコール協会認定講師
日本紅茶協会認定ティーインストラター
ハウスキーピング協会認定整理収納アドバイザー

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

« 2021 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -