FC2ブログ

〜世界につながるマナー〜

Grace life AOI

お化粧品を買いに出掛けた時のことです


対応してくださった店員さんの説明やアドバイスは
的確でとても分かりやすく、
きびきびと無駄のない立ち居振る舞いに
プロフェッショナルさを感じました

「ちょっと考えますね」
と言って一旦お店を離れたものの、
少し歩くうちに「あの商品を買おう」と
ほぼ心が決まっていました。

しばらくして再びお店を訪れたところ
別の店員さんから改めて商品説明を受けましたが
なかなか商品の魅力が伝わってきません。


あれれ…?

この違いは…?


二人目の店員さんは、
商品知識がおおざっぱ
所作一つ一つにしまりがなかったのです


「〜だったかな」「〜みたいな」
とぼやかした表現は、説得力に欠けます。

ながら動作は、効率が良さそうに見えますが、
丁寧さと注意力に欠け、物を落としたり
雑に物を扱うことになります。


使った文具やキット類は置きっぱなし。
小さなカウンターの上は
あっという間に物であふれ返っていました。


これでは残念ながら
信頼を得るのは難しいですね。


私たちは
物を買うのだとしても
《人》から買っています。



・相手の立場に立って考え
・何を求められているか
・不快感を与えていないか

考えられる店員さんと、考えていない店員さん。


大きな「差」があります。



まず、商品が素晴らしいこと。
次に、「よし買おう」とお財布を開くのは
自分の中で、納得材料が揃った時。


この人から買いたい。
この人だから信頼して買う。
良かったと思えるお買い物。

それは双方に幸せをもたらします。


《人》に動かされることって
大いにあるのだと思います


logo1.jpg


  1. ・所作
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

尾﨑 葵 Aoi Ozaki

Author:尾﨑 葵 Aoi Ozaki
1976年生まれ。厳格な両親、祖父母から躾として暮らしの礼儀作法全般を教え込まれて育つ。「心は自分から尽くす」ことを大切に、日々の暮らしにマナーを取り込むことで思いやりの心が繋がり、人々との幸せの循環を共有できるレッスンやイベントを都内ホテル、レストラン、サロン等にて開催。
趣味はマラソン、ピクニック、洋裁。
【資格】
日本マナー・プロトコール協会認定講師
日本紅茶協会認定ティーインストラター
ハウスキーピング協会認定整理収納アドバイザー

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

« 2021 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -