fc2ブログ

〜世界につながるマナー〜

Grace Life Aoi

私には弟がいますが
私たちがまだ幼く、格式高いフランス料理の
お店なんて行けなかった頃…

母はクリスマスになるとよく
フランス料理コース''風''ディナー
作ってくれました


それは前菜から始まり、
・前菜
・スープ、パン
・お魚料理
・お口直しのシャーベット(グラニテ)
・お肉料理
・デザート


手の込んだレシピではなく
コーン缶から作ったスープだったり

普段は焼き魚でもクリスマスは
スパイス・ソテーにして
大きな平皿に温野菜とともに盛りつけたり

レストランのように
カトラリーを何本も並べることはできないので
並べてもせいぜい3種類まで。
後はカトラリーレストを使用して
同じ物を使ったり


でも私たち子どもは
普段とちょっと違うその演出に
とってもテンションが上がりました



実は普段と少ししか変わらないのに
工夫次第で大きく変わる

子育て期間はお金がかかりますから
贅沢はそうそうできません。

子どもが小さいと周りに迷惑をかけて
しまうかもしれないから
フルコースが出るようなお店に
行くこともできません。


でも、
見方を変えれば楽しむことができます


「今できることを楽しむ」

母は実際に楽しみながら
そんなことを教えてくれていたのかも知れません。


一皿ずつサービスされるのよ♪
カトラリーは外側から使うのよ♪
スープはこう飲むのよ♪
お口直しのシャーベットはね…



弟は「もう食べた!早く次食べた〜い」と
叫んでいましたが(笑)



今の貴女が置かれている環境下で
最大限に楽しむクリスマスを


logo1.jpg


  1. ・エトセトラ(いろいろ)
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

尾﨑 葵 Aoi Ozaki

Author:尾﨑 葵 Aoi Ozaki
1976年生まれ。躾として礼儀作法全般を学ぶ。
公的機関での専門家会議運営、都市銀行でのカスタマーサービス部門を経て、大学や専門学校にてマナー・プロトコール検定対策講座を担当し、小学校では1,000名を超える児童へ箸使いとマナーの基本を指導。
また、親子や社会人向けマナー講座(PL・少人数制)をホテルレストラン、サロン等にて実施。

様々な職場での出会いから、人の悩みや喜びの多くは「人」によるものであることを痛感。思いやりの心で接することは、相手だけでなく自分自身も癒される効果があることを実感する。
講座では「思いやりの心をその時々で相応しい形で表現する」というマナーの本質を伝えることを大切にしている。

2009年 全日本作法会 元家督 藤野あや子氏に師事
2012年 日本マナー・プロトコール協会にて学ぶ
2017年 マナー講座ボランティア活動 開始
2019年 日本マナー・プロトコール協会認定講師 取得 

■専門分野■
テーブルマナー(和洋中)、プロトコール、コミュニケーションマナー
■実績■
・都内私立大学、専門学校マナー・プロトコール検定対策講座
・都内公立小学校 お箸講座
・東京都ガールスカウト「フランス料理テーブルマナー講座」
・目黒区日本食文化講座「たのしいおはし講座」動画出演
・社会人、親子向けマナー講座
・紅茶教室(紅茶の入れ方、ティーマナー) 
■資格■
・日本マナー・プロトコール協会認定講師
・日本紅茶協会認定ティーインストラター
・整理収納アドバイザー
■趣味■
 ランニング、洋裁、ピクニック

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

« 2022 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -