fc2ブログ

〜世界につながるマナー〜

Grace Life Aoi

子どもに自然とマナーが身につくのは
親が身をもって伝えた時です

学校ではありません。

学校の先生は交替しますが、
子どもにとって親は一生の先生、
マンツーマンの先生です。


親が美しい箸使いができると
子どもにきちんと伝えられるから
親子で美しい箸使いになります。

私は幼い頃、握り箸に近い持ち方をしていました。
箸同士がくっついたまま、
人差し指を都度ピンッと上に跳ねさせては
その反動で上の箸が下の箸から離れて食材を掴む…
というものでした


そんな私を見て母は
「ゆっく〜り食べていいから
 きちんと持って食べてごらん」

「そうそう!上手ね〜」


と忍耐強く、褒めながら
【躾】てくれました。


箸使いで
「育ちが分かる」と言われてしまうほど
美しい箸使いは
日本人としてなくてはならないものです。

そこには、単に美しい所作だけでなく
食材の命への感謝
料理人やその食に関わった人々への感謝
一緒に食事をする人への思いやりなど
たくさんの心が込められているのです。


大人になってから直すのはとても大変。

楽しい「躾」からは
楽しいコミュニケーションが生まれます

logo1.jpg


  1. ・マナー
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

尾﨑 葵 Aoi Ozaki

Author:尾﨑 葵 Aoi Ozaki
1976年生まれ。躾として礼儀作法全般を学ぶ。
公的機関での専門家会議運営、都市銀行でのカスタマーサービス部門を経て、大学や専門学校にてマナー・プロトコール検定対策講座を担当し、小学校では1,000名を超える児童へ箸使いとマナーの基本を指導。
また、親子や社会人向けマナー講座(PL・少人数制)をホテルレストラン、サロン等にて実施。

様々な職場での出会いから、人の悩みや喜びの多くは「人」によるものであることを痛感。思いやりの心で接することは、相手だけでなく自分自身も癒される効果があることを実感する。
講座では「思いやりの心をその時々で相応しい形で表現する」というマナーの本質を伝えることを大切にしている。

2009年 全日本作法会 元家督 藤野あや子氏に師事
2012年 日本マナー・プロトコール協会にて学ぶ
2017年 マナー講座ボランティア活動 開始
2019年 日本マナー・プロトコール協会認定講師 取得 

■得意分野■
和洋中テーブルマナー、プロトコール・マナー、コミュニケーション・マナー
■実績■
・都内私立大学、専門学校マナー・プロトコール検定対策講座
・都内公立小学校 お箸講座
・ガールスカウト東京都 フランス料理テーブルマナー講座
・目黒区日本食文化講座「たのしいおはし講座」動画出演
・社会人、親子向けマナー講座
・紅茶教室(紅茶の入れ方、ティーマナー) 
■資格■
・日本マナー・プロトコール協会認定講師
・日本紅茶協会認定ティーインストラター
・整理収納アドバイザー1級
■趣味■
 ランニング、洋裁、ピクニック

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

« 2022 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -