fc2ブログ

〜世界につながるマナー〜

Grace life AOI

今日は、ホワイト・デイ

日本オリジナルの文化ですね。
商業的な要素を感じる文化でもありますが、
女性より《贈り物》が苦手な男性の多い日本には
良いのかも…?しれませんね



生活のなかで
贈り物をする機会はたくさんあります。

お中元、お歳暮だけが贈り物ではありません。

・お友達などへのちょっとした手土産
・お礼
・誕生日プレゼント
・入学、卒業、就職、結婚など節目のお祝い
・お悔やみ、お見舞い
・旅先のお土産
…etc.


渡す相手もさまざまです。

・お友達
・親戚、家族
・目上の方
・お世話になった方
・これからお世話になる方
・後輩、お子さん
・ご近所の方
…etc.



貴女は「貰えてラッキー」になっていませんか?



それでは、豊かな人間関係はそれまでです。



互いに物を贈ったり、贈られたり。

人々は贈る品物に、その時々の《心》を託します。

人と人との結びつきを強める
大切な役割を担ってきたのが、

「日本の贈り物文化」です。



もし貴女が、
「私は何も貰えない」
と感じるなら…

それは、貴女が周りへ、心(品)を配ることが
足りないからです。


もし貴女が、
「私はあげているのに何も貰えない」
と感じるなら…

それは、貴女が周りへ、心(品)を配ることが
まだ足りないからです。

そして「あげているのに…」という欲深い心を
神様は見破っているからです。


「その人から貰える」のではありません。
巡り巡って、貴女に幸せが返ってくるのです。



あの人は物の巡りがいいなぁ…
という人を見つけたら、よく観察してみましょう。

その人はきっと、
惜しみなく周りへ《心》(品)を贈っているはずです



貴女の人生に起こる事は、
貴女がこれまでに行った事に対するお返事。

貴女がした事はすべて、
良い事も悪い事も貴女に返ってきます。



ギフトのマナーを心得て、
ハッピーな人間関係を築きましょう(*^^*)


logo1.jpg



  1. ・マナー
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

尾﨑 葵 Aoi Ozaki

Author:尾﨑 葵 Aoi Ozaki
1976年生まれ。厳格な両親、祖父母から躾として暮らしの礼儀作法全般を教え込まれて育つ。「心は自分から尽くす」ことを大切に、日々の暮らしにマナーを取り込むことで思いやりの心が繋がり、人々との幸せの循環を共有できるレッスンやイベントを都内ホテル、レストラン、サロン等にて開催。
趣味はマラソン、ピクニック、洋裁。
【資格】
日本マナー・プロトコール協会認定講師
日本紅茶協会認定ティーインストラター
ハウスキーピング協会認定整理収納アドバイザー

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR

« 2021 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -